Burn.文庫化おめでとうございます!!



Burn.文庫発売おめでとうございます!!

続々と文庫化決定していく!!

色んな媒体で作品を発表してるし

連載も任されてるし❤

シゲアキくんの作ったものが色んな形になって、色んな人の手に渡り、

「お!なんだこいつ。面白いな。え?ジャニーズ?」って思ってくれたらと… 考えるだけでニヤニヤしちゃうぜ

 

こうなったら発売に合わせてそろそろ封印していた過去をさらけ出す季節がやってきたかな?←

 

生憎、さらけ出して恥ずかしい過去なんて掃いて捨てるほどあるけどな

ありすぎて最近恥ずかしいってあんま思わなくなってきたけどな←年とも言う

 

今回はBurn.発売記念トークショーについて書こうと思います

※内容をかいつまむと自分のバカさと、シゲアキくんの素晴らしさしか書かれてない内容の薄いブログです

 

私は後悔してることがありました

割りと沢山あるけどその中でもトップレベルの後悔をかなりズルズルと引きずって生きてました(お気楽に見えますがこう見えてA型魚座の気にしい)

その後悔はチャンカパーナイベントでシゲアキくんにこれまでの感謝とこれからもずっとファンです!!と伝えたかったのに目の前にシゲアキくんが表れた途端頭が真っ白になり

「ずっと応援する💢💢💢💢💢」と語尾強すぎる程の言葉をシゲアキくんにぶつけてしまったこと

完全喧嘩腰

完全、言いっぱなしで逃げ出した感

 

違う。もっと可愛く言いたかった

もっと優しく言いたかった

あなたのことを今までもこれからもずっと見てます❤ってこれくらいの事を言いたかった

 

なのに…

「ずっと応援する💢💢💢💢💢」

なんだよっっっっ!!!これ!!!

勝手にしろよ!!!と私だったらダチョウ倶楽部のように帽子の一つも投げ出したい感じだ

勿論、シゲアキくんも私の余りの意気込みに

「お、おう。ありがと」

と、ザリガニのように腰引き気味に答えてくれた苦い思い出……

 

この記憶を書き換えたい。もっと伝えたいことは沢山沢山沢山すぎるほどあったのに!!!!

 

という訳で、もし!次シゲアキくんと話せる機会があれば!!

もっと!ちゃんと!!伝えたいことは伝える!!(ジョジョのように「!」多目ですいません。意気込みを込めてみました)

 

けどさ、シゲアキと話せる機会っていつだよ?

あるか?

ないさ←(自己解決)

 

一生解決できない後悔に苛まれ、度々思い出しては「ぐわっ!私のバカっっっ!」と牛のように反芻しながらのたうち回る日々

 

何年たっても消えない後悔の中、恒例となった「加藤シゲアキ小説発売記念イベント」が発表されました

毎回応募してるけどさすがに当たらないこのイベント

渋谷サーガ完結とあって今回も激戦が予想される

しかもその日出勤やん←

行けんやん←

でも、行きたいやん?←知るか

 

この時の集中力。普段は持っている力の1割程度でしか生きてないんだなと判るほどの集中力で人見知りの私が全社をあげて代わりに出勤してくれる人を探し

百度詣りしそうな思いを傾けて応募

「もし当たらなかったらどうするの?」って質問に

「絶対当たります」と真面目に答えるほどに会えると信じて疑わなかった

 

そして、その思いは当たる。

メールが沢山届くなか(ほぼ迷惑メール)

「あ!今、届いた!」と直感で開いたメールを見て泣きました

 

当選!!!!!!

 

当たった!当たった!当たったよぉーーー!(泣)

 

さぁ!泣いてはいられない。

また小説を読み返し、シゲアキくんにもし直接思いを伝えられるならちゃんと伝えられる心を養わねば!!

もし質問なんかできるなら完璧な質問をしたい!

小説家・加藤シゲアキのファンとして恥ずかしくないレベルに到達せねば!!

 

と、黙々と小説を読み返す私。

(の、間に洋服なども悩んでます。すまん、やはり浮かれてるので)

 

春だけどまだ肌寒い季節。でも友達から「本気なら素足でいけ」と言われ3月なのに素足を試みようとする私。

慣れるために会社にも素足で行く気合いの入れよう

見てて!シゲアキくん!私はあなたに会うためならこんなにも努力ができる!

あなたへの思いを伝えるために日々心の中に小説の言い回しや、心に残った言葉を蓄積できる

むしろシゲアキくんがいないと努力しない私ってクズだなー!あははー!!とナチュラルハイになってる私。

 

だってよ?今までのイベントは目の前で自分の名前を書いてくれたんだよ?

私の目の前にシゲアキくん

自分の名前を書くシゲアキくん

「え?これってなんて読むんですか?」と私に聞いてくるシゲアキくん(妄想中)

難しい名前でよかったぁぁぁぁーーー!!(妄想で歓喜しすぎて泣くレベル)

 

 

 

はぁはぁはぁ。落ち着こう、私。

 

 

 

こうやってイベントまでを過ごしとうとう当日がやってきた

 

ごめん。やっぱ寒いから素足ムリ←

 

早々に現実に挫けながら会場に向かう私。

迷いに迷って最も遠い経路で会場到着

歩いてる間に暑くなったよ。素足でも全然行けたよ

その分、化粧は落ちたけどな

 

って、ダメじゃん!!

今日は完璧な自分で挑みたかったのにまだ会場着いただけなのに全然ダメじゃん!!

 

くっ。なんとか挽回せねば!

ももう緊張しまくってさっきからトイレに行きまくるし、落ち着こうと掌に人という文字を書いては飲み込みまくってる

 飲み込んでるのは所詮空気だからゲッフゲッフしてくる

うぅ。もう会う前にこりゃ倒れんじゃね?マジで?

そうこうしてるうちにようやく順番に並ばされる

今回は200人当たってると聞き

「こんな人数の名前を書くのは無理かーー」と自分の勝手に築いた妄想をどんどんと打ち崩していく

 

せめてサイン……

いやいや、無理かーー

 

 

 

 

て!私のバカ!!

シゲアキくんに出版のお祝いができるだけで幸せでしょ!!

と、落ち込んでは自分で鼓舞する

うん。せわしいよね。すまん!

 

ファミクラの厳しいチェックを受けその時に「自分の名前をチェックしてください」と紙を渡される

 

ん?お名前チェック?

もしやーーーーー✨✨✨✨✨

 

いやいやいやいや💦💦期待しない!←これが数秒おきに繰り返される脳内

 

で、入り口で書籍代を支払いいざ指定された席へ

すぐに、係りの方が

「ご案内しましょうか?」と声をかけてくれたので

「お願いします」と甘えると

「あ!ど真ん中ですね!」と笑いかけてくれました

 

(о´∀`о)←この顔のまま凍る私。

 

どどどどどどどどど真ん中?

ぬおーーーー!!!

ホントにど真ん中だよ!おい!こんな神席用意してくれて泣くよ?泣いちゃうよ?もう十分幸せ貰ったから帰る!!←始まってもいない

 

 

ドキドキしながら席で待つ

本屋で流れるシゲアキくんの映像がたまにスクリーンで流れたり、スタッフさんが白い紙を持ってカメラさんの指示を受けたり

マイクチェックだの、カメラチェックだの

とにかく1つの取材でもこんなに人と時間を要すのか!と驚くことばかり

私は全てが真新しくてほへーーーと眺めてました

 

そしてどんだけ待ったか判りませんがちょいと緊張の糸が切れ始める頃ようやくスタート!(ディすってないよ?)

 

左側からシゲアキくんが登場

小説家・加藤シゲアキとして晴々しく登場✨✨

あぁ!眩しい!

あぁ!本物だ!←何年もファンしてるけど初見の感想はいつもこれ

 

小説家のファンとしてかんぺきな……と思っていたが会場は割れんばかりの黄色い声援

きゃーーーー!

きゃーーーー!

ぎゃぁぁぁぁぁーー!!!

 

 

あ?いいの?そんないつものコンサートみたいなテンションでいいの?

あ、そうなんだ…

 

まずはトークショーがスタート

うんうん!とみんな真面目に拝聴。

うんうん!と頷きながらシゲアキくんが何度も右腕の袖を捲り上げてはずり落ちてくる袖と黙々と戦っていて気付けばそこに集中してしまっている自分に気付く

 

はっ!!!!!

お前!しっかりしろや!!!!

 

ちゃんと熱く語るお話に耳を………

 

 

 

ねぇ。袖 ちゃんとめくったら?

私が気になるの!!

その袖と果敢に戦っては完敗してるシゲアキくんが気になるの!!

 

でもねスッゴク有意義な時間だったよ!

小説についてお話を直接聞ける機会なんてないから幸せすぎる時間だった!

自分の目線がお顔よりもお話しよりも若干袖よりだったな……ってだけで

 

で。次は質問タイム

「どなたか質問ございませんか?」と聞かれ

おぉ!!今こそこの数日のうちにさらに養われた知識で質問を投げ掛ける時だ!!!

 

と、手をあげようとした瞬間

「はい!!!!!!!

」とすごい勢いで手をあげる女の子が

 

余りの勢いにすぐ蹴落とされるBBA←

 

真っ直ぐな瞳。真っ直ぐな手

 

えへ❤てへ❤

当ててほしいけど恥ずかしいよねーーって恥ずかしがって中途半端にしか手を上げれない周りの空気を蹴散らすその真っ直ぐさに会場の誰もが「どうかこの子を当ててください」ってなった

 

案の定、その子は指名されハッキリと質問していく

 

眩しい✨✨その真っ直ぐさが眩しい✨✨

 

眩しがってたら質問タイム終了←はしょりすぎ?いや、もうかなり昔のイベントだから知ってるかなーって思ってさ……

んで、ここらで軽く打ち明けるけど質問の多くがNEWSのこととか、メンバーとかを絡めてて私としては小説家に聞く質問ではなかったなーなんて言ってみたりしてー……ごめん!!←弱い

 

次はマスコミ向けのスチール撮影だとか、囲み取材だとかでもうとにかくシゲアキくんは息をつく暇もないほどにあっちに呼ばれ、こっちに呼ばれと大忙し

 

囲み取材も見れたけど文字通り囲まれてるからシゲアキくんのお声しか聞こえない

 

こんなに近いのに

 

しんみりはちょっとするけど、でもやっぱりこんなにシゲアキくんを求めてる人がいるのかと思うと

 

「そうでしょ!?うちの子ホントすごいんですよ!!」

と、誉めちぎりたい気持ちにかられる

うぅ。私も囲み取材やらせてくれ←

 

そしてイベントも終わりが近付きつつあるころ司会の方が

「加藤さんから直接本を渡していただきます!」と言われ俄然ざわつく会場内

 

ふんがぁぁぁぁぁーー!!!!

ちょちょちょちょちょちょちょちょ直接っすかぁぁぁぁぁーーーー!!(ちょっと予測してただけに口角がニヤリと上がったことは秘密)

 

しかも1番の人は渡す瞬間を写真に撮るそうでマスコミのカメラがぐるりと囲む

 

おう。こんな生き地獄を味わう1番の方。どんまい…

でも誰よりもシゲアキくんの近くにいれるよね

それって更に生き地獄だよね。どんまい…

 

かなりの数のフラッシュをたかれ、何十枚もの写真を撮られても平然としている1番の方を見ながら突然

 

はっ!!!!!と気付く

 

いや、お前もあの立ち位置にいくんだぞ?わかってるか?

 

はわわわわわわわわわわわ💦💦💦💦💦💦💦気付いておりませんでした!!!!

 

やばい!とりあえず何すればいい?とりあえずフリスク食ったれ!とガリガリとフリスクを食い続ける私。

こんなにフリスク食うの私か「中の人」の加藤諒くんぐらいだわ…

 

って、いやいやいやいや!!

スースーするばっかで全く何かが違う!!

 

そうだ!質問!質問をぶつけるんだ!

今こそ私の思いを全力でぶつけるんだ!

質問…質問?質問って何きけばいいの?(泣)

 

テンパりすぎて日々考えていた事も、小説の言い回しや言葉遣いや、諸々が一瞬にして灰になったのがわかった

 

私に必要な物は小説を読み返すことでも、洋服考えるでも、フリスク食うでもなく!

救心買って飲むことだったわ(泣)

こんなに動悸・息切れ・多汗と救心の諸症状全てが出てるのに!

フリスクでは私の症状は重すぎて抑えられない💦💦

 

落ち着け。とにかく落ち着け

そうだ!次回作について聞くのはどうだ?渋谷サーガが完結して新たな小説の構想ができているか!?

これを聞こう!(誰でも考えられる質問しかもう思い付かない状態です)

フリスクの香りを漂わせながら私はブツブツと「次回作の構想はできてますか?次回作の構想はできてますか?次回作の構想はできてますか?次回作の構想はできてますか?」と呪文のように呟きながら列に並ぶ

あと、二人……

あと、一人……

あぁ!次!次!が私!!!ってときに司会の方が

「加藤さんは既に次回作の構想ができているとのことで…」とぶっこんできた

 

 

え?

できてるの?

あ、そう…

ってかね、それ私が今まさに聞こうと思ってた質問…………

あ………

新しい質問……

ダメ、もう間に合わない。だって呼ばれちゃったんだもん…

 

そして呼ばれた私はフラフラしながら壇上に登りシゲアキくんの目の前に対峙したんですが

 

f:id:cha3cha3news:20170614143107j:image

まさしくこんな感じ。

ぱーーーん!と全てが弾けとんでもはや収集不可能!!

人生で初めて「頭の中が真っ白になる」というものを経験してしまった

よりによって今

多分、口は金魚のようにパクパクしてたと思う

なんとか言葉を出そうと努力するんだけど自分の意思とは無関係に言葉の出し方が判らない

言葉が判らない

そう思い至った瞬間、泣きそうになってもう帰ろう…とシゲアキくんから目を背けてしまった私

情けないとか、悲しいとか、悔しいとかって感情よりもこれ以上こんな無様な人間がシゲアキくんの貴重な時間を潰してはいけない!退散せねば!と思ったほうが強かったです

 

なのに、シゲアキくんはこんな私に

 

f:id:cha3cha3news:20170612184418j:image

 

↑こんな感じでもっと口元笑顔で

「ん?」って言いながら顔をのぞきこんでくれたんです

 

「ん?」ですよ!????「ん?」!!!!!その距離何十センチしか離れてないんですよ!??????

「ん?」ってなんだ!?

「ん?」ってなんだ!!!?

「ん?」ってなんなんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!(白目&崩壊)

  


f:id:cha3cha3news:20170612220910j:image

 

f:id:cha3cha3news:20170612220921j:image

※私の心のイメージ図

 

 

 

ぐわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!あんたアイドルやぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー!!!!生粋のアイドルやぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーー!!!!

さっきNEWSの質問とかしてて…とか偉そうに言ってごめん!!!

なんとか小説家として始めから終わりまで接したいと思っていたのにここで私のグラスハートは粉砕した!! 

だってこの方、所作も言葉も仕草も細胞から全てがアイドルナンだぁあぁーーーーもぉぉぉぉーーーん!!

 

アイドルオーラに浄化されたせいか(後光?)私の 口はようやく言葉を出せるようになった

よし!今こそシゲアキくんに渾身の質問をぶつけるぞ!!

 

 

「あの……

作品が出来上がった時、何か叫びましたか?

 

 

 

pardon?

なに?なに??私、今なんて言った?

え?この口から何吐き出したよ?

「叫びましたか?」ってなんじゃ!?そのアホみたいな質問は!?

いや、アホみたいではない。アホそのものだ

世界愚問選手権があったら堂々トップを狙える程の愚問だ

それがお前があえてこの席で聞きたいことか!??(決してそんなことはない(泣))

 

 

私の心の中では北風と太陽ぐらいの問答を繰り返し、北風の冷たさに自らを打ちのめされそうになってた間シゲアキくんはというと…

 

「うーーーん。なんか叫んだかなぁ?」と腕を組み考え込んでいる

 

 

えぇぇぇぇぇぇぇぇーーーー!!!???

こんな質問にも真剣に考えてくれるのか!!

あんた神や……

ワシャ、本物の神様を見た…

もうこの世に悔いはない

危うく膝まずき手を合わせそうになったけど

シゲアキくんがこちらに向き直り

「叫んでないけど噛み締めました(ニコッ)」

 

 

 

私はシゲアキくんを一生崇拝する……

絶対、一生ついていく

あなたの為なら全てを投げ棄て(以下略)

 

こんな私の、こんな質問に全力で答えてくれたあなたがす❤き❤

 

私「噛み締めましたか」

シゲアキ様「噛み締めましたね」

 

 

思い返すと老人会のような会話だが私は一生忘れない

シゲアキくんの優しさを!!

その後は

「ずっと応援します!」

「ありがとうございます」

と、握手してくれました

両手で

 

壇上から降り、振り返ることもできず廊下を出て階段まできたところで足がガクガクしてきて立っていられなくなった

そしたら、階段に同じ同士が沢山いて

みんな屍のように本を抱き締め

「しーげーーー(泣)しーげーーー(泣)」と泣いている

 

みんな釈迦かイエス・キリスト。世界各国の全ての神に会えたような歓びと感動に満ちている✨

 同士もいるしここなら私も本を開けるかもしれないとシゲアキくんから渡された新刊「Burn.」を開く

シゲアキくんが1年に1度は必ず本を出したいと忙しい合間を縫って心血を注ぎ込んだ新刊がここにある

美しい朱色はまさにシゲアキくんの血のようで鮮やかで美しい

まるでシゲアキくんの分身を抱いているようで愛しい

鼓動すら感じてしまいそうなこの本の裏表紙に今日の日付と、シゲアキくんのサインと私の名前が書かれている

1人1人の名前を書いたの?

私が待ってる間にずっと書いててくれてたの?

涙が溢れてどうしても止まらなくなった

ありがとう。ありがとう。シゲアキくんありがとう。

本を抱き締めて座り込む

 

 

はい。また階段に屍1匹出来上がり

はいはいはいはい!ここは公共の場所ですよーーー

泣いてポエム読むとこじゃありませんよーーー

どいたーどいたーー!!

 

ってことで、以上で「シゲアキくんは神だった」を終了します←最初と違う

 

本は一生の宝物にします

そして、シゲアキくんから貰った優しさも一生の宝物にします

 

シゲアキくん!!大好きだぁぁぁぁぁー!!!

 

 

 

NEVER LANDに戻りたい

あ、どうもおはようございます\(^o^)/

いつでも能天気な御花畑茶々丸です

魔法にかかりっぱなしで現実を生きてないお気楽な人間ですが、なんだか下界がまだザワザワとしているぞ?はて?なぜ?

他Gとか、ソロのとか単語は聞こえてくるけどハッキリと判らない

判らないから放っておこう\(^o^)/

だって私の脳内はNEWSか眠いかお腹すいたしかないからーー❤

 

そんな私がNEVERLAND行ってる間ずっと思ってたこと

FOREVER MlNEからのsilent loveの流れ好きすぎるぅぅぅーーー_(:3ゝ∠)_

私は山下達郎さん主題歌の映画を見てないから増田さんが表現する世界観がどんどんと頭のなかに広がって大変!!

そして、ポヤーーーン❤(о´∀`о)となってるところにドシンとsilent love!!

ぎゃふん!!

もう毎回ここで悶え死ぬかと思った

というか、今回のツアーは全てが美しすぎてどこを切り取っても最高だし

切り取らずに最初から最後までの流れも大好きだし

とにかく全部が好きすぎて………

 

って、なってるからみんな何を騒ぐ必要あるの?はて?←2回目

 

お花畑の脳内妄想は

FOREVER MlNEで夫のある女の人を好きになった気弱な男がとうとう結ばれて(出会い編)

 

silent loveでドロドロの不倫がバレてお互い距離を置こう。でもやっぱ好きだわー(後悔編)

 

ミステリアで心の奥にある自分の思いを再確認!よし!奪いに行っちゃうぞ!(再開編)

 

を、延々繰り返しては嗚咽まで出してうっとりしてますが?

※歌詞の勝手な解釈のためほぼ正しくありません

 

仕方ない←

私の変態脳内を少し見て

「あ、こんなバカな事を堂々と公開できる人がいるんだ。なんか色々考えるのバカらしくなったな」と思ってくれたら嬉しいな❤←なるか!!

 

「FOREVER MlNE」

※特別出演・加藤シゲアキ

 

 

 

いつだってあなたを見ていた

君はいつも幸せそうで、こんな俺には無縁の人だと思っていた

いつも眩しくて、眩しさに目を細めながらも見つめずにはいられなかった

 

だから、君が雨に濡れながら泣いているのを見たとき驚いたんだ

この時まで君は幸せに満ちていると思っていたから

君の眩しさを雨が薄めてくれたのかな?

今なら君に触れられそうだ

抱き締めた途端、冷たい雨が絹のように優しく感じられる

このまま夜明けまでずっと抱き締めていたい

 

君の肩が冷たいから帰ろうと言った

寒さからか紫に変わった君の唇が「帰りたくない」と綴る

迷った挙げ句

「俺の部屋にくる?」と切り出す

彼女はうん。とも いや。とも言わない

でも、俺の後ろから離れることもしない

ずるいな…と少し思った

でも、そのずるさにつけ込んでいる自分もずるい男だと思い直した

 

「シャワー浴びなよ」

「でも加藤くんも濡れてるよ。風邪引いちゃう」

「名前、知ってたんだ」

ただそれだけなのに無性に嬉しくて彼女を抱き締めた

 

君に夫がいることは知ってる

でも、この気持ちをこの雨と一緒に流してしまうこともできない

流れることなく君の髪を濡らす雨のように、俺の気持ちも君の心に染み込ませてしまいたい

でも、それは俺のエゴなのかな

f:id:cha3cha3news:20170604185112j:image

f:id:cha3cha3news:20170604185124j:image


f:id:cha3cha3news:20170604185214j:image

「もう引き返せないよ?」

 

君に聞いてみる。今ならまだ君に選択肢はある

君の手が俺の頬に触れ、髪を撫でる

もう引き返さないよ。

さぁ僕の胸で

腕の中で

忘れていた夢の続きを

溶けていこう

くちづけして堕ちていこう

僕と永遠の愛の静寂へ

 

 

 

って、ぶっはーーー!!!!私、最高!!!!www

 

これを朝からあげるぜ!!

そして会社で平然と仕事するぜ!!www

あー!バカ最高!!!!←自分への最高の賛辞

歌、届いたよ

「シゲアキくんが泣いてたら全てを投げ出してシゲアキくんの元に行く!!」

これは、私が何年も前から友達に話してる決意というか、もうこれだけ私にとってシゲアキくんが大事なんです!という思いを濃縮させた言葉なんですが

 

撤回しよう

 

好きだから撤回しよう

 

今度からは泣いてたら叱咤激励して、一緒に泣きながら

泣くくらい悔しいなら立ち上がれ!

と、言うようにしよう

一緒に悔しい気持ちも、悲しい気持ちも、叩かれるかもしれない恐怖とも全部の気持ちを抱え込むから立ち上がれ!と言ってやりたい

 

シゲアキくんの涙を見て、一緒にもらい泣きして

悔しかったんだね

一生懸命だったもんね

歌に対して真摯に取り組んできたからこそ同じぐらい悔しかったんだね 

あれだけのことをシゲクラで書いたからこそ、それに裏付けされる努力を重ねてきたんだね

と、思ってた

 

けど、シゲクラ見て、また泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて

 

泣いてたら悔しくなってきたわ

 

シゲアキ!!!

中傷の意見が仮にあったとしても

それよりもはるかに多いシゲアキくんへの称賛の言葉を涙で曇らせることだけはしないでほしい

あなたを支えてるファンがこれだけいて

あなたの「心からの歌」にどれだけの人が心を動かされたかちゃんと見てる?!

それだけのことを言ったなら、書いたなら責任持って全部見て!!

歌は技術じゃない。歌い手がどんな思いをこの歌に込めて、相手に届けたいか

それが本当の「感動する歌」ではないのか?

 

私はよくテレビでやってるカラオケ満点だせるか?って企画

あれ、嫌いなんですよ←

カラオケの採点基準もよく判らないけど、とにかく技術一辺倒で本来の歌の意味を忘れてしまってる

歌ってそんなんじゃない

音楽ってそんなんじゃない

 

DIVAって漫画でも言ってた(基本オタクなので引用や学習材料は全て漫画だ)

楽譜通りに弾くのはただ音を出すだけの箱だ。心が入ってないと、と。

 

私は名古屋の公演で心からの歌を聞いた

喉を押さえ

時に咳き込み

悔しくて泣きながらでも

「伝えたい!伝えたい!今、ここにいるみんなに俺の歌を伝えたい。声が枯れてもいい。NEWSの歌を。加藤シゲアキの声を届けたい

この気持ちが溢れた歌を聞いた

心が届いた

届いたんだよ、シゲアキくん

あなたの心が私の心に届いたの

響いたの

そして震わせたの!私の心を

動かしたの!全ての感情を!!

あなたの歌で!声で!心で!!

 

そんなファンばっかりだったよ

早くそこから抜け出して

そんなファンの気持ちを受け取ってよ

一緒に手を繋いでNEWSとファンは歩いていくんでしょ?

自分ばっかり苦しみを抱え込まないでよ

見てよ

あなたは1人じゃないじゃない

ファンもスタッフも

なによりもメンバーがいるじゃない

 

まずは声を治して、また一つ乗り越えた加藤シゲアキの声を私たちに届けてよ

4人で奏でるNEWSの声を届けてよ

 

待ってるから

とりあえず聞いて

ここはどこだろう?

よく判らないけど穏やかな風が吹き、一面の花畑の真ん中に伸びた一本道を走る車の中にいる

「どうしたの?」

前の座席にいたまっすーが後ろを振り返りながら私の顔をのぞきこむ

「うーーん。もう眠くて仕方ない」

「なにそれw」

まっすーはフフと笑いながら自分の太ももをポンポンと叩く

「ん?」と顔だけで私は聞く

「ほら」と、またまっすーは太ももをポンポンする

 

ここで寝たら?

 

私は犬のようにまっすーの隣に膝まずき太ももを枕にして寝ようと試みる

 

頬に伝わるまっすーのほのかな体温

車の振動

二人とも何も言わないけど沈黙すらも幸せに感じる

 

ウトウトしだした時、

車がガタンと揺れた瞬間にまっすーの手が私の手に重なった

と、思ったらまた車の振動で離れてしまった

 

ガタンと思ったら触れて

ガタンと鳴ったらまた離れて

 

でもまっすーが手の位置を動かす気配はない

 

私だけが意識してるのかな?

まっすーも寝てるから気付かないだけなのかな?

ドキドキしてるのは私だけかな?

そう思った瞬間、私の指先をそっと指で挟むまっすー

中指と薬指の間に私の指先が磁石のようにくっついて離れない

 

なんで?

まっすーも離したくないの?

ドキドキが止まらないんだけど……

 

 

 

 

 

 

 

って、夢を見たわ!!!!!!!!

お前は何歳ぢゃ!???

痛すぎて言えんわっっっっ💢💢💢💢

 

 

同僚に「えへへ❤今日すっっっっごくいい夢みたの♪ヽ(´▽`)/でも正夢になってほしいから言わない❤」

って言ったら

「中身は聞いてないけどこれだけは言えるわ。正夢にはならないから!!!!

 

って呪いをかけたからここに吐き出してみた

この夢のお陰で1日あーーーーーー幸せだった❤

 

 

シゲアキくんと増田さん

私のTwitterを見た上で会った方からよく言われる言葉は

「まっすー坦なの?シゲアキ坦なの?」

そこね!私もよくわからんのですよ!

Twitterではほぼシゲアキくんの話ばっかだし

コンサートでは増田さん増田さん言ってるし………

 

 

そう言うと多分それぞれを一途に好きな人からすると「中途半端!」「どっちかにしてよ!」と思うと思います

ごもっともです

でも増田さんも大好きーーー

でもシゲアキくんも大好きーー(泣)

 

今回は私がなぜこんなどっち付かずなのかを書かせていただきたいのです

なんでこれを書こうかと思ったのは4/16のシゲ部を聞いたから

その中でNEVERLANDに収録されているご自身のソロ曲「あやめ」について語っていたシゲ部長。

「初めて聞いたときに泣いてしまいました」とのメッセージに「誰かを救いたい」って想いを込めたと言ってたのを聞き私は思い出したんです

「シゲアキくんを救いたい」と思ったのが私のシゲアキくんへの思いのスタートだっただと

なんて思い上がった感情!!と今なら思いますが当時の私は至って真剣なんですよ

ちょっとばかし、バカ単純な私の話を聞いて貰えませんか?

暇で怒らない人がいいな❤(笑)

 

私がシゲアキくんを知ったのは今から13年前かな?シゲアキくんが16歳ぐらいのときです

すっかりジャニーズから足を洗い、子育て真っ最中。口ずさむ曲と言ったら専ら教育テレビの子供向け番組の意味わかんないけどやたら頭に残る曲ばかり

そんな私がなぜか!!ホントなぜか!偶然!昼休みにランチを買いに来たコンビニでなぜかポポロを手に取り、なぜかNEWSのページを見てしまったのです

「なにこの子!!!超絶可愛い❤」

私の目に留まったのがシゲアキくんでした

偶然って怖い…

そしてさらに昔の知識が災いした瞬間でもあるのです

その時はまだまだメンバーが沢山いて1人1ページではありませんでした

シゲアキくんは見開き2ページを5分割ぐらいされた小さなスペースで爽やかな笑顔で写ってました

5人以外の残りのメンバーは1人1ページ

言葉は悪いけどその他はまとめてって感じのページ割り

「あー。この子はメインではないんだ」って誰でも予想ができるページ割り

 

なぜだ!???私的にはこの子が一番可愛いのに!!!!!!

 

これがシゲアキくんとの出会いでした

「自坦こそ一番輝いて見える」この現象がすでにここで発揮された瞬間でもあります

だってNEWSの顔面偏差値の高さは熟知しておりますのでシゲアキくん以外のみんなもとにかく可愛くイケメンだったのに

私の目にはシゲアキくんしか映らなかったんです

が。

この出会いからドップリハマるまでには少し時間を要します

なんせ1回はジャニーズ沼にはまったことのある人間なのであの世界に再び足を踏み入れる勇気がすぐには湧かなかった

てのと、いやいやこんな気持ちは錯覚だ

って自問自答で気持ちを誤魔化し続けたからです

あと、当時私は九州の片田舎に住んでいたのでNEWSを動画で見る機会があまりなかったのもあると思います

なんせ田舎ってやつはまずチャンネルが少ない

テレ朝系だって暫くなかった地域

ミニステ?なにそれ?って引越しするまで思ってた地域だもん

NEWSをテレビで見ないまま暫く時間は過ぎていきます

なのに!!!

たまに片田舎が奇跡起こすんすよ

奇跡おっこっせー!!!

ってNEWSからのプレゼントだったのかもしれないがあるチャンネルでYa-Ya-yahをやってたんです

そのチャンネルはフジテレビ系列と吉本新喜劇とテレ東系が混ざりあったカオスチャンネル(地方では当たり前)で東京の時系列とは全く違う

田舎時間に制御された独自の時間軸を持っていて、決まった時間はあまりなく流したいときに流す。これが俺のルールと言わんばかりの不思議な番組表なので📰新聞を取っていない私には知るよしもなかったのに……

またこれも偶然からかたまたまたまたまたまたまたまたま見てしまったのです

シゲアキくんのロケ回を

「あれ?!この子!!!えーと成亮くんだ!なに!?この子!!やっぱ可愛ええ!!!なのに声がすっごく低い!!なんだよ!このギャップ!!」

ここでまたシゲアキくんに出会ってしまったのです

こうなるとYa-Ya-yahが見れることを学習した私は子育ての合間にシゲアキくんを見るようになります

そうすると俄然NEWSにも興味が沸いてくる

あぁ。また私はジャニーズの商法にまんまと釣られてしまった…

1回卒業してるくせに無意識に無限ループに足を踏み入れてしまった

アホです

もうそのあとは皆さんの想像通りCDを集め、DVDを買い

口ずさんでいた曲も全てNEWSになり

子育て動画も「拙い声でNEWSを歌う娘」に刷り変わっていった…

なんて分かりやすいんだろう

 

でもここまでしても私の心はドップリシゲアキくん❤といかなかったのが不思議

シゲアキくんに一目惚れしたくせに担当にする自信はない私の不思議な心

多分、その頃離婚とかでバタバタしてて心が不安定だったってのもあるんですが常に体の前でギュッと両手を握り締め無器用に笑うシゲアキくんに自分の不安定な心を押し付ける勇気がなかったんだと思います

私は好きになるとかなりのめり込み、傾倒する方なんですが

いつも不安そうにキョトキョトしてる目や、片方の口角だけをあげて笑う姿や、頑張ろうって気持ちが空回りしてる様が手に取るように判ってしまうシゲアキくんに

「好きです!私の落ち込みすぎたこの気持ちを上げてもらうのに一役買ってくれませんかね?」という図々しいお願いができなかったんだと思います

「まだこの人は頑張ってる最中なんだから私の思いがシゲアキくんの邪魔になってしまうかもしれない」という私以外が見たら

は?なにいってんの?お前は黒魔術でも体得してんのか?お前が色々思ったところでシゲアキは痛くも痒くもないわ!あほ!

ってことぐらいすぐに判ることをグルグルグルグル考えてた20代でした←あいたたた

 

一見判りにくいんですが裏を返すと

シゲアキくんはビッグになる!なるに決まってる!だから私なんかが邪魔してはいけないんだ!だって私はファンとかそんなんじゃなくてシゲアキくんを救いたいんだもん!このぎこちなく笑う彼の笑顔を心からの笑顔に変えたいんだもん!

って気持ちが根底にあったんです

いや!素直に応援しようや!??

て、今ならわかる(笑)

なのにあのときはできなかったんです

こんな拗れたまま私は山下さんも気になりだし自分がよくわからないままNEWSが活動休止に追い込まれました

 

勿論エセ黒魔術を使える私はすぐに

私がNEWSを好きになったから活動休止になったんだ!!!!

と、謎の思考回路を要して深く傷付き(バカ)

毎日涙に明け暮れ

「NEWSごめんね!!でも絶対NEWSが復活するって信じてる!!NEWS大好き!!」

とここに自らの魔術により立派なNEWS坦を作り上げてしまいました←

ここからは前の日記にも書きましたがNEWSに会うべく関東に引越し復活魂に参戦しとうとう憧れの!大好きすぎるNEWSに会うことが叶ったんです!!

そこでも私はまだ担当が決まっていないまま参戦するのですが

7割はシゲアキくんを見てました

(ちなみにこのコンサートで増田さんのpumpkinに感動し完コピするまでDVDを見ることになるとは思ってなかった)←迷走しててすいません

初めて見るシゲアキくん!

目の前で踊り歌うシゲアキくん!

………でもなんか恥ずかしい←

だってこの時のシゲアキくんは思春期真っ盛りでカカオとか歌っちゃうし(いや?名曲よ?)、唇乗っちゃうし(いや?革新的よ?)で私には刺激が強すぎてて

「普段はあんなだけどさすがジャニーズ!!立派なものだ!雑誌では5分割だけどそれは人数が多いから仕方ないことであってちゃんと人気者でみんなから愛されているんだ!

と、シゲアキくんへの認識を改めた私

初めてのNEWSを見てる割りに意外と冷静(笑)

ここで「シゲアキくんを救いたい」って気持ちが間違いだったことに気付いた私

だって救うとかそんなもの必要ないもん。シゲアキくんはちゃんとアイドルとして生きていてキラキラした笑顔でイキイキとNEWSとして生きてる

そう思った私はすごく安心したのを覚えてます

 安心した私には広くシゲアキくんを見る余裕が生まれたのですが……

私は初めて「アイドルがファンサする」ことに嫉妬するという感情を覚えました

それもシゲアキくんです←シゲアキしか見てないしね

目で追っていたシゲアキくんがスタンド1列目にいる女の子(といっても多分20代前半)にボールを手渡ししてて

スタンドとアリーナの段差がすごくあるところだったからお互い身を乗り出さないと渡せない距離があったんです

1度は渡したものの女の子がボールを落としてしまう

それを拾ってまた渡してあげるシゲアキくん

それを見て私は「私はきっとこの先、シゲアキくんを好きになったとしてもこの人の目に映ることはないだろな。この子のようにボールを手渡ししてくれるような存在にはなれないだろうな。くすん……」と思ってしまったんです

もうね、嫉妬

つまらない嫉妬によって自分の気持ちに変に蓋をしたんです

 

結局、私はシゲアキくんが大好きなんです

でも、好きすぎて辛くてこんな辛いなら担当にするのは怖い

 

だから私はシゲアキくんを担当として好きになることをやめました

 

でも大好きなんです

20代でも

子供もいる母でも

このこじらせた気持ちを持ってしまうめんどくさい私

でもそれくらいシゲアキくんは私にとって大事な人なんです

 

だから担当にはしなくても

「シゲアキ推進委員会」という傍迷惑な委員会をつくりシゲアキの良さをネットで垂れ流し

シゲアキくんの良さを1人でも知ってほしくて

影すぎるけど応援してました

そんな中、この番組が始まりシゲアキくんはコーナーを任されることに!


f:id:cha3cha3news:20170418081418j:image

 

爆笑問題さんと一緒に番組をするなんてすごい!

(この時も太田さんはシゲアキくんを絶賛してくれてました)

私は歓喜し、いつもリアタイし録画しシゲアキくんを堪能するつもりでした

が。

放送第3回で

シゲアキくんのコーナーに3週たってもメールがこないと言う彼を見ることになります

まぁ2回録りっぽかったから初回の反応がなかったってことだったんでしょうね。

それはつまり大きな問題であって

せっかくジャニーズを採用したのに!という局の声が私にも耳に届く気持ちでした

私にすらそんな風に思ったんだからシゲアキくんはその1億倍思ったのではないのかな…


f:id:cha3cha3news:20170418082223j:image

言った後に悔しそうにするシゲアキくんを見て私は即座に娘に「このコーナーに手紙を書け!!!」と無理矢理手紙を書かせました←

 

なぜ「学校の先生」ネタなんだ!!

私が学生だったら自分で書くわ!!

でも私は学生じゃないんだもーーーーーん(泣)

くっ。役にたてない悔しさ!

もどかしさ

シゲアキくんにあんな事を言わせてしまった

あんな顔をさせてしまった

悔しい!悔しい!シゲアキくんを幸せにしたいのに!!

また私の「救いたい」という勝手な欲が先走る音が聞こえてきそうで自制をかけないととんでもないことになってしまいそう

でも、ここから私の「ハガキ部」が発足したのでしたーー

 とにかく彼を応援したいならハガキを送って「見てる視聴者はいますよ?」とアピールしないとダメなんだということを学習しました

今でもハガキ部活動は地道ながら続けてます(; ̄ー ̄A

 

話がそれました……

私が空回りしてる間にこの番組は1クールで終了し

次からは感想をちゃんと初回から書くぞ!!と意気込む私

誰かとめてーー(友達いないから誰も止めてくれねーー)

 

さて。私は先に「シゲアキくんの目に自分が映ることはないだろな」という不吉な予感を書きましたがそれはほぼ正しかった

復活魂からLIVE×3までの間、私は一度もシゲアキくんからファンサを貰ったことがないっっっ(泣)

すごくないか?ある意味すごくないか?

いや、ファンサが全てではないし私はコンサートを見に行ってるのであるからファンサを貰いに行ってるわけではないし、そんな凄いことを求めるだなんて不相応すぎて挙動不審が更に挙動不審になってしまうけど!!

ここまで何もなかったら逆に清々しいくらいだけれども!!!!!(泣)

 

目に留まった事はあるんです

なーんだ。あるんだ

と、思わないでね

私の話はしっかりオチがあるんだから

 

ダイアモンド魂ドーム公演で私はセンステ目の前最前角という後にも先にも取ったことがない神席を当てたことがあるのです

(いつも最後列。横アリなら北10が私の定位置←一番ステージから遠い最後列)

最前って見上げなきゃいけないから首が痛くなるんだーー❤

てか、これが今まで私が入ってた席と同じ料金だなんて嘘だろ?と調子に乗っていた私の目の前にシゲアキくんが登場!!!

ぎゃっ!!!!!!!!

ししししししししシゲアキくん!!!!(もう死にそう)

しかもシゲアキくんが私を見てる!

……ていうより睨んでる?(笑)

この頃のシゲアキくんは絶好調にこじらせていたので「ファンなんていない」「しげが3番目に好きって、なんだよ!」と公演中なのにトイレで泣く程のナーバス時期

そんなシゲアキくんが私に笑顔を見せてくれるはずがない

判っちゃいるが睨まれるままステージがせり上がり

睨んだまま上に上がっていくシゲアキくん

それを呆然と眺める私……

角度ついたから更に目が鋭いぞっと❤(自己防衛本能)

以上。目に留まった瞬間をお伝えしました

はい。以上です(泣)

うぅ。笑顔にするどころか睨まれる私……

 

とにかくシゲアキくんとの思い出はそれだけ

 

でも楽しかったんです。

私はシゲアキくんに関わっていられるならそれだけで幸せを感じられる人だから

でも、願わくばシゲアキくんには笑顔でいてほしい

あんなに可愛く笑う人なんだから笑っててほしい

優しいからつい自分の立ち位置とか考えちゃうけどそんなことも考えずに行動してほしい

自由に生きてるシゲアキくんが見たい

 

彼から溢れ出る「やめたい」という気持ち

「30歳までには裏方になりたい」

「エリートだったけどNEWSに入ったらその他大勢になってて仕事も3日しかない」

そんな言葉を綴るようになったシゲアキくんを支える術はファンレターとハガキ部のみ

微力すぎて何も支えられないままNEWSが4人になった

 

この時の絶望はもう触れるのは嫌だし、もう過去の話なので置いといて(笑)

 

NEWSは!?

シゲアキくんは?まっすーは?てごにゃんは?慶ちゃんは?

 

NEWSを継続すると言われたけど何のアクションもない日々

残してくれたけどNEWSを見れない日々

これだと発表する前の日々と同じだ

慶ちゃんがメン愛で秘密の暗号送ってくれたり

手越さんと思われる人がTwitterでファンにむけてメッセージくれたり

そんな公式でない

大きな声で言えない

NEWSはひっそりと生きていくの?

生きていかなきゃいけないの?

 せっかくNEWSとして生きると4人が…シゲアキくんが心を決めてくれたのに?

 

そんな中、テゴマスのまほうがスタートし賛否両論の中、私も参戦しました

素晴らしかった

今も昔も含めテゴマスのコンサートの中で一番好きで感動したのはまほう魂です

「テゴマスでやるんだからソロも控えよう」と言ってたテゴマスが

「NEWSはNEWS。テゴマスはテゴマス。全く違うアーティストだから」と言ってたテゴマスが

NEWSのさくらガールを歌うことの意味

私はテゴマスのコンサートから物凄い勇気を貰い、前を向けることができたんです

 

9人→8人→6人と少なくなって活動休止を事務所から言われた時、ずっと泣いてたまっすーが

自分が泣くのを我慢してNEWSを守ろうとしてくれてる

こんなにも熱いメッセージを送ってくれて背中を押してくれてる

笑顔になって

ついてきて

俺達はいるから

だから手を離さないで

 

私はシゲアキくんを救いたかった。でも中々救えなかった

4人になってからも落ち込むばかりでシゲアキくんを救うどころか一緒に沼に落ちていってた

底の見えない沼に落ち終えるすんでのところで増田さんは希望の光をくれた

私に空気をくれた

落ちてる場合じゃなくない?

まだこれからでしょ?と

 

ここで私の中で増田さんは命の恩人になったんです

私の心を生き返らせてくれた恩人

 

 

暫くして311の震災のあと。マーチングJとして募金活動が始まりNEWSの代表として増田さんとシゲアキくんが参加した日

手紙を入れるBOXを用意してくれた事務所に感謝しながらNEWS4人分とNEWSへの手紙5通を書いて始発で列に並び

募金のお金を抱え

NEWSが来てくれることを祈って始まるのを待ってた

誰でもいい

NEWSとして誰か来てくれたら

NEWSを一目見れたらそれだけで私は安心するからという思いで待ってた

スタートして「NEWSの増田貴久!加藤シゲアキ!」と呼ばれ二人が舞台に立ったときの幸せ

やっとやっとNEWSに会えた……でも

舞台の上の二人は対照的で増田さんは堂々としてた

シゲアキくんは直立不動で気まずそうに両手を体の前でギュッと握り締めてる

外界から自分を守るように、縮こまってるように私には見えた

話しかけられると答えるけど、それ以外は自然と目線が下に行ってしまう

最近の色々な事に疲弊しまくってるように見えた

でもね、増田さんはそんなシゲアキくんにずっとニコニコ話しかけてるの

すると、上がっていた肩が下がり始め

閉じていた足幅は少しずつ緩みだし

それと同時にシゲアキくんの顔にも笑顔が出始めたのを見て心底増田さんはすごい!!

と、思った

シゲアキくんのことを理解してシゲアキくんのことを然り気無くフォローしてあげる

何よりもシゲアキくんを自然に笑顔にできる人だ

私がなりたくてなりたくてなれなかった所に増田さんはいて、自然と実行しててもう全てが輝いて見えたくらい

 

勿論、慶ちゃんもてごにゃんもシゲアキくんを笑顔に出来たと思う

でもその頃慶ちゃんは出ていったお父さん(山下さんと亮ちゃん)分をなんとかしなきゃと齷齪してるシングルマザーみたいで

てごにゃんもシゲアキくんも残された幼稚園児みたいに慶ちゃんママに「なんでー?なんでパパいないのー?」とか「どうやって生きていけばいいのー?」と不安そうにすがるイメージで

 

そんな中、増田さんは高校生くらいのお兄ちゃんでなんとなくママの気持ちもわかる

パパの気持ちも悔しいけどわかる

そして、ウロウロしては不安そうにしてる末っ子の気持ちもわかる

みんなの気持ちがわかるから俺は我慢してみんなを引っ張っていこう

みんな好きだから

恨みたくないから

俺達は俺達で前を向いていこう

俺がこの家(NEWS)を守るんだ

そう見えたんです

 

その強さに私はどんどん惹かれました

 

イベントでもNEWSファンを見逃さないように二人で手分けしてNEWSファンを探し

気付いたら積極的に反応する

泣いてるファンにはうんうんと頷いて気持ちを理解し受け皿になってあげる

そして増田さんもシゲアキくんも自分が気付いて片方が気付いてなさそうな時、耳打ちして「そこにファンがいるよ」と補いあってたように見えました(憶測)

少しずつ列が流れ私が募金をするとき

それが確信に変わりました

LIVE×3のタオルを持って手前にいたまっすーに向かって何度も名前を呼びました

何度か呼んだとき気付いてくれたまっすーの優しい笑顔

うんうん。って頷いて

手を振ってくれて

そしてシゲアキくんに耳打ちしてくれたんです

「そこにファンがいるよ」

 

シゲアキくんは必死に探してくれました

列はどんどん流れて端っこまできてたけどシゲアキくんは私を探し当ててくれて

くしゃりとした笑顔を向けて深々と頭を下げてくれました

 

シゲアキくんの目に私が映った瞬間

シゲアキくんを笑顔にした瞬間

 

こんな私でもシゲアキくんを笑顔にできる

幸せにできる

それが一瞬でもいい

シゲアキくんの人生の中で一瞬でも私が彼を幸せにできるなら

救えるのなら

そんな幸せなことってない

 

そしてその幸せは私1人ではできなかった

増田貴久さん

増田さんがいるから私は強く生きていけるんだ

シゲアキくんを救いたい

でもシゲアキくんを救うには力がない

こんな私を救ってくれる存在が増田さん

 

これだけなんです

 

結局、こんなに書いても言い訳にしか聞こえないかもしれません

でも私は二人が大好きです

そして、当然のようにNEWSが大好きです

1人が欠けてもダメなんです

 

ホントはもっともっと色々書きたいけれどとにかく今日アップしたいからここまでで

なんか長々とすいませんでした

ここまで読んでくださりありがとうございました(´;ω;`)

 

 

シゲアキくん入所日おめでとう

あなたがこの仕事を選んでくれたお陰で私は常に感動に包まれてます

私はあなたからずっと救われてます

ありがとう

 

あと。マーチングJで二人が見てくれたLIVE×3のタオル。

興奮しすぎてどこかに落としてしまい結局みつからないままでした…

拾った人は大切にしてあげてください(泣)

 

 

 

 

 

盲目のヨシノリ先生

突然ですが……

加藤シゲアキ様に会えたぁぁぁぁぁ.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚.

 

はぁはぁ。すいません。思い出しただけでこの興奮

と言っても… 

会えたと言っていいのか

見たと言っていいのか

見に行ったと言っていいのか…←かなり意味合いが変わる

 

会えたとなるとかなりすごいですが、私の場合「見に行った」が正しいな

 

言い直します。

 

加藤シゲアキ様を見に行ったぞぉーーーー!!!

 

あ、普通になっちゃった(笑)

 

事の発端は今年の24時間テレビで放送されるドラマが割りと地元な秩父が舞台というところから始まります

 

地元にシゲアキくんが来てくれるなんて✨✨

※車で1時間ぐらいかかるけど

地元にシゲアキくんが通ってくれるなんて✨✨

※車で1時間ぐらいかかるけど

 

これは是非とも会いたい!

大自然に囲まれたこの土地で「welcome❤シゲアキくん❤」と迎え入れたい!!←

 

さぁ!おいで!!シゲアキくん!!

 

……

 

……

 

シゲアキくんの目情が出るのは平日ばかり

 

私は平日お仕事ばかり

 

んーーーー。会えないね(泣)

 

やはり向こうは日本を代表する芸能事務所に所属されてるトップアイドル

そんな簡単に会えないよね…くすん

って、思ってたら会えたわ(笑)

いるー!シゲアキくんがいるーー!!!

というわけでようやく本題を始めさせていただきます

※撮影の邪魔にならないよう遠目に見ております


f:id:cha3cha3news:20160830200531j:image

↑このシーン

 

盲導犬を連れ、出勤するシーンを見れました

 駅に向かって1歩1歩確認しながら階段を登るシゲアキくん

足先だけで段差を確認しながら、そして盲導犬にひとつひとつ指示を出しながら進むシーン

1歩進むことすら大変なんだと遠目にも伝わってくる

何度も何度も同じシーンを繰り返しようやく本番 

ドラマって大変だなぁ??

カットがかかると盲導犬の頭を撫でてあげるシゲアキくん

よくよく見てみると…さぁ!今から本番!ってときにも撫でてあげてる

丁寧に2回ずつ

これはきっと

『これから本番だよ』とか『よし。よくやったな』って伝えてるのではなかろうかと

以前ラジオで「盲導犬はお仕事をしてるから可愛がってはいけない」とシゲアキくんは言ってましたが

私から見ても可愛い❤可愛い❤という撫で方でないのは見て取れました

あくまで仕事仲間との合図的なスキンシップという感じでした

犬好きのシゲアキくんのことだから手放しに犬と触れ合いたいだろうに、役に入っているからか自然な距離感をキープしててそこだけで「すごいなぁ」と感心してしまいました

 

さて。撮影の合間には勿論休憩時間があります

一応お店を一軒貸しきってあるようでそこで休憩できるようになっているようですが←全て目から見えた情報からの憶測

最初の休憩はずっと外の椅子に座ってスタッフと談笑してるシゲアキくん

あぁ……眩しい

なんてお美しい✨✨

秩父の自然に負けない輝き。いや、ごめん。圧勝←秩父すまん

そして、とてもリラックスして撮影できてることに、なぜか私が安心してる(笑)

スタッフさんと溶け合って(実際、溶け合いすぎて最初気付かなかった←)一丸となって頑張ってる姿に胸熱

 

なんだろう…。息子の働いてる姿を見守る母のようなこの気持ちは

こちらに気付いて欲しいけど気付かれた途端に『げっ。何見に来てんだよ?』と嫌がられそうで怖くて見守るしかできない母のような気持ち…(笑)←自意識過剰

 

そんな私を尻目にJKがそっと近付き手を振ってる

なんて大胆な!!( ̄□ ̄;)!!

JKに気付き頭を下げるシゲアキくん

なんてジェントルマン!!!!Σ( ̄□ ̄;)

 

くっ…。私には無理!!(泣)

マナーっていうのもあるけど近付いただけで溶けてしまう。えぇ、私はきっと跡形もなくなってしまう

だってあの人は太陽のよ……

 

あ!シゲアキくんが移動してるぞ!わー!私も動けぇー!!←おい

 

次は駅の中での撮影

 

ギャラリーはみんな金網で仕切られてるホーム外からシゲアキくんの動向をじっと見守ります

 


f:id:cha3cha3news:20160830200826j:image

↑このシーンの撮影

 

f:id:cha3cha3news:20160819222855j:image

 


f:id:cha3cha3news:20160820083858j:image

※写真はスタッフ含め全員が撤収してから撮ってるのでシゲアキくんはいません

 

 

さすがに注目されてる事に気付くシゲアキくん

若干照れ臭そう

そこにスタッフから指示が

※『』内は私の憶測です

スタッフ『加藤さん。向かいのホームまで移動お願いします』

シゲアキ『はい。あ、でもこの駅ってどうやって向かいのホームまで行くんですか?陸橋ないけど?』

スタッフ『陸橋ではなくホームの端から直接線路に降りて向こうに行くんですよ』

シゲアキ『ホームの端から…』

 

シゲアキくんがホームの端を見て笑ってるwww

きっと『あんなギャラリーがいっぱいいる前を通るんですか?!』と思ってるんだろーなー

どうするんだろ?ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

 

む!?

むむむ!??

シゲアキくんが意を決して準備した!!

そして!!!!

超絶かっこよくメガネをはずしたぞ!!!!

アイドルの外し方だ!!

イケメンの外し方だ!!

でもなんで外したのか私には意味不明(笑)

お顔ちゃんと見せたかったの?←

※どうやら移動の時は小道具は全て回収されるみたいです

お供を連れ(日傘をさしてあげてるスタッフさん)ゆっくりとこちらに向かって歩いてくる!

その様はどこから見ても高貴なお人にしか見えない(泣)

現世に現れた皇子!!それが加藤シゲアキ!!

ははぁぁぁぁーーーー!!頭が高い!!

卑女(私のこと)ごときが皇子の顔を見るなんて不届き者にも程がある!!

と、思うけどじーろじろ見る私←

さっきアイドルモードでメガネを外し

アイドルモードで花道(私にはそう見える)を歩くシゲアキくんの眼が

 

ギャラリーに近付いた途端、我々とは逆方向の斜め上を向いてしまったwww

くっ❤❤❤❤❤❤❤❤

ここで一気に人見知りモードに突入°+♡:.(っ>ω<c).:♡+°

絶対見るもんか!!という強い意思を感じる斜め上目線!!!!

ホントならさっさと歩いて過ぎ去りたいだろうなぁ

でもお供がいるからゆっくり歩かざるを得ないよなぁ゜゜(´O`)°゜

ごめんね…シゲアキくん

あなたの人見知りを助長させるようなことをして

でも、スタッフさんと歩調が合わなくなって1人スタスタ歩いていっちゃう可愛いシゲアキくんが目の前にいたら見ざるを得ない!!

 こんな可愛いシゲアキくんがいたら見ざるを得ない!!!!←2回目

 

さて、ホームでの撮影も終わりまたこちらに戻ってくるシゲアキくん

その姿をうっとりと見てたらその前にどなたかがギャラリーに近付いてくる

「なんでここでロケやってるってわかったのー?」

と、聞いてるのは橋爪功さんではないか!!

すいません!ホントに今気付きました!本気ですいません?

しかもこんなフレンドリーに声をかけてくださるなんて

素敵な方だ( ;∀;) 

橋爪さんで心がホッコリした我々がまたシゲアキくんに目を戻すと早々と目線は我々とは逆方向の斜め上をキープ

 

人見知り持続中ぅぅぅぅぅーーーー(泣)

少し、少しでいいから…

橋爪さんを見習えぇぇぇぇぇーーー!!!

 

 と、心の中で叫んでもシゲアキくんを見ると一瞬にして黙ってしまう私のハート

激甘なんです。はい

むしろ比べてごめんね❤

 

まだまだ人見知り発揮中のシゲアキくんがまたもや我々の1メートル先を歩いて戻られてます

でも心の声が聞こえたのか、心に余裕ができたのか口元はニコニコしてる❤

ってより、笑いを堪えていらっしゃるのかしら?(笑)

その時、近くにいた父娘が思いきって「撮影頑張って下さい」と声をかけたら

機嫌よく「はぁーーーーーーーーーい」と応えてあげるシゲアキくん

しかも、ちゃんとその子の方向を見て!

やっさしーーーーーー!!!!

ひゅーー!アイドルぅーーー!!!←おばちゃん

でも、0.1秒後には斜め上に戻るシゲアキくん

速いwww←私の前を通りすぎる時の状況ここ

私は相変わらず黙って見てたけど、他の方々は「声をかけていいんだ!」と思ったみたいですぐに「頑張って下さい!」と声をかけてる…

それにひとつひとつ「ありがとうございます」と応えてるシゲアキくん(でも目線は下の方をキープ)

……………………………くっ←

声かけりゃよかったか?

いや。ダメだダメだ!マナー第1!!!

でもなんとなく淋しい私(笑)

私はどうすりゃよかった?(泣)

誰かぁぁぁー!教えてくれぇぇぇーー!!

 

でも、最初に声をかけた娘さんはお父さんを目の前にしてワンワン泣いてる

よかったね❤大好きなシゲアキくんに応えて貰って感極まったんだね

でもお父さんは複雑そうだ(笑)

目の前で娘が男に泣かされたら(思いきり語弊のある表現)そりゃどうしていいかわかんないよね(笑)

でも、この日の事を一生語り継いでください

結婚式には「娘が加藤シゲアキくんに声をかけ泣いてる姿を見てこの子はまともな結婚ができるか心配してましたがこの日を迎えられてよかったです」とスピーチしたってください←余計なお世話

 

さて、シゲアキくんはというと次はお店に入って休憩中

 

噂をききつけてどんどん人が増えてるから仕方ないか(ちなみにこの時点でまだ朝10時前ぐらいか?)

 

お店の中はさすがに見えないからみんなのんびり

スタッフさんものんびり

ボーーーーと過ごしてたらスタッフさんがお店の中に入るためドアを開けた

 

すぐそこにシゲアキくんいるやん!!!!

ドア開けてすぐのカウンター席で新聞読んでるぅぅぅーー!

しかも足組んでーーーー!!

イケメンすぎて凝固スプレー吹き付けてそのままの形で家に持って帰りたい!

 

くつろいでるシゲアキくんを見れて一気にテンション上がるわたし

またスタッフさんがドアあけてくれないかなぁ?とワクワクしてたら

あ!また開けてくれた

さぁ!次はどんなシゲアキくん!??

( ゚∀゚):∵グハッ!!

ウトウトしてるぅーーーーーー!!!!!

カウンターに肘つけてウトウトしてるーーー!!

はぁはぁ。これはいいの?見てもいいの?

後で請求書とか送られてこない?

 

いや、まじでやっばいぞ!

破壊力やっばいぞ!

これはNEWSメンバーも写真撮りたくなるわ!!

今、私はNEWSメンバーに並びました!

(気持ちだけ。しかも主に小山さん)

 

テンション駄々上がる私!!

秩父の暑さに汗はダラダラ

化粧はドロドロだけど気にならないくらいに幸せよぉーー!ヨーヨーヨー←山びこ

 

さて。そんなこんなで現場が整いちょっと歩いた先まで移動するシゲアキくん

店から出てきたときは非常に眠そうなお顔に

ってか、寝起きでしょ?

あざーす…(心の中で合掌)

 


f:id:cha3cha3news:20160830201224j:image

↑このシーン

 

盲導犬と道を歩いてる横を大型ダンプが通るシーン

ネット情報ですが秩父といえば?ってことで急遽ダンプカーを用意したとの事

………そうなんだ。

秩父といえばダンプカーなの?

 まだまだ知らない秩父がいっぱい

 

何度か撮ったあとにOKになりすぐにシゲアキくんは移動

お忙しいなぁと思いながら私はシゲアキくんとは全然違う道を辿って最初に撮影を見てたところまでゆるゆる戻ってたら

 

曲がり角を曲がった途端

そこにシゲアキくん

 

出逢い頭にシゲアキくん

 

ぶつかりそうな距離でシゲアキくん

 

(´◦∀◦`)エ?

 

なんでここにいるのぉーーー!???

思わず「うわっ!!(地声)」と言って逃げ出してしまった…

なんて失礼な私(泣)

 

しかも

シゲアキくんもマッハの早さで斜め上目線にしたぁぁぁぁぁぁぁぁーーー(泣)

 

この近さで目線をそらされるショック!!!

多分、「人を感知=目をそらす」って動作が反射的に身に付いてるんじゃなかろうか?ってくらいの速さだったけど

 

ショーーーーーーーック!!!!(泣)

 

あれだけ細心の注意を払い、シゲアキくんや撮影の邪魔をしないようにしてたのに

最後の最後で私が一番邪魔してませんかね?

 

二重のショックで暫く立ち直れず

 

立ち直れないままシゲアキくんは次の現場に車で移動されてしまいました……

 

おうふ。罪を償わせてくれ

リベンジさせておくれ…(シゲアキくんは知るよしもない)

 

あぁ。シゲアキくん

 

今日もあなたは美しかった

 

そして、役にたいして真摯に取り組んでいらっしゃった

 

1度も台本を見てなかった。きっと頭に叩き込んで現場に挑まれていらっしゃるのでしょう

 

主役として全体を引っ張っていたのを私なんかでも感じました

 

シゲアキくんが頑張ってる姿をこんな間近で見ることができて感無量です

 

そして、その頑張りが報われてよかったです

 

シゲアキくん、沢尻さん、出演者の皆さん、スタッフの皆さんお疲れ様でした

 

本当に素敵な胸に刺さるドラマでした 

最高の24時間テレビでした

 

NEWSのファンでよかったと何億回思っても思い足りない24時間でした

 

好きだぁぁぁぁー!!!!

NEWSーーーーε٩( º∀º )۶з

 

 

 

 

NEWSという奇跡

SMAPのことがずーーーんと胃の底にある感覚

初めて自発的に好きになって、必死に追っかけたグループだからなおのこと自分にきてるのかも

そう考えると自分の好きなグループが活動して、笑顔でワチャワチャしてることがもう奇跡なんだなって思って涙が滲むわ

 

私はNEWSが大好きです

好きで好きで好きすぎて

とうとう九州から関東に引っ越しちゃったからね

しかも、今年8月で10年になっちゃったからね

10年前の自分の英断に乾杯!!

そして、理解して付いてきてくれた家族には感謝しかないわ

 

 

10年前のNEWSは相次ぐメンバーの脱退でグループ活動を休止してまして

九州という僻地では只でさえ会えない&見れないのに更に見れなくなり

毎日が不安で「私なんかがNEWSを好きになったからこんなことに!?」なんてバカな考えを真剣に心配しては涙ぐむ毎日でした

でも、こんな好きで、大切な人ならその活動を感じられる場所に行きたい

少しでも側に行きたい

そして、NEWSが復活した時には一緒に喜びたい!

と、それだけで引っ越しを決めました

まぁ離婚したばっかだし?

会社も倒産したし?

住む家もなくなったし?

って、これだけタイミングが揃ったら行くしかないやろwww

って、よくこれだけ揃ったもんだwww

自分の人生 楽しすぎ!!!\(^o^)/

 

というわけで、関東に来ました!

一気に貧乏になりました!←

でも、NEWSが頑張ってるから私も頑張れる

栄養足りなくて歯が折れてもNEWSがいれば大丈夫←全然大丈夫じゃない

 

こんな状態で「NEWS復活!!」「2/17からツアースタート!」という喜ばしい環境にも関わらず

え?まじすか?お金ないや←

という情けない私←笑うとこ

 

母に「今回はコンサートに行くの諦めようと思う。お金ないし」と告げると

母「あんたは何の為に引っ越ししたの!?NEWSに会うためでしょ?!」と言われ

「そうだった(ワナワナ)私はNEWSに会うためにここに来たんだった!!」と目が覚めなんとかお金を工面して1公演だけ申込ました←笑うとこ

 

この必死さがコンサート事務局に伝わったのかなんと2/17初日・初回が当選!!

 

好きで好きでずっと会いたかったNEWSにようやく会えました

今までテレビでしか見たことのなかったNEWSが目の前にいる!

一緒に復活の感動を味わえました

一緒に嬉し涙を流してきました

こんな幸せなことがあるなんて

引っ越してきてよかった……

NEWSに会えてよかった

NEWSに会うために協力してくれた家族に感謝

 

自分の好きなグループが活動してることは当たり前じゃない

奇跡の塊なんです

メンバーが同じ星を見て、同じ方向を向いて、手に手をとって一緒に歩んでくれるのは奇跡なんです

 

私はNEWSの紆余曲折を見続けてきました

沢山泣きました

でも沢山感動を貰いました

そして、その度に「NEWSが居てくれてよかった」と感謝ができました

NEWSが笑ってくれいたら、私も笑顔でいられる

NEWSファンになって12年ぐらいたった今でもこれは変わりません←いつの間にか好きになってたのであやふや

 

ちなみに…

私の人生も紆余曲折で(笑)

 

せっかく行った

Never Ending Wondeful Storyの半券が入った財布ごと泥棒に盗まれ全財産なくなりさらに貧乏に←

 

今年の24時間テレビで少し周知されてきた網膜剥離で2度の手術

目が見えなくなるかもしれない恐怖と戦ってます

 

などなど……

 

見えなくなったら、NEWS見れなくなるやん

それ困るわ←

 

ホント真っ直ぐに生きてく事ができない私が落ち込む事なく前に進めてるのはNEWSのおかげです

笑顔で過ごせてるのはNEWSのおかげです!

日頃の感謝を込めて、今日も私はNEWSを応援します

 

ずっとずっとNEWSという奇跡が続く事を祈って

 

NEWS大好きだよ!!

NEWSありがとう